白石家住宅は、「和風意匠の濃淡を巧みに使い分けた近代和風建築の優品で、老舗の格式ある屋敷構えを形成している。」と評価されています。
敷地内には主屋、呉服蔵、道具蔵と食物蔵と立ち並び、建築された明治、大正時代を偲ぶことができます。
主屋は入母屋造り総二階建てで自由な造形の数寄屋意匠でまとめられた奥向きの空間と、南に張り出す寄棟造りの棟には大ぶりの座敷飾りを備えた大座敷があり、玄関と平茶席を付属させた表向きの空間で構成されています。
この度は、国 登録有形文化財 白石家住宅の答申を受け、主屋の一部と庭、呉服蔵を先行一般公開させていただきます。

公開期間平成30年10月18日(木)~10月24日(水)
公開時間11時~16時
公開場所呉服蔵及び主屋一部、庭
入場料無料(ただし、受付にて住所、氏名をご記入いただきます)
お申込みお越しになる前にご一報ください。
問合せ/お申込み先TEL.0835-22-0010(白石呉服店)
受付時間10時~18時
その他会場での飲食は一切ご遠慮いただいております。

◎今後は、春・秋の年2回公開予定です。


白石家主屋庭

呉服蔵外観

呉服蔵1階

白石家 国登録有形文化財 答申の詳細はこちらをご覧ください。


シェアする